歯医者が怖い人におすすめな歯医者の特徴・条件

もう怖くない!歯医者さんが苦手な方に知ってほしい歯科医院の選び方

本当は怖い虫歯について

良い歯医者の選び方を知る前に、NG歯医者の特徴をお教えします。コンビニよりも多いと言われる歯医者ですが、その中から自分に合ったところを見つけるにはどうすれば良いのでしょうか? むやみに抜歯・神経を抜いたり患者の話を聞いてくれなかったりするところはNGです。

おすすめ出来ないNG歯医者の特徴

病気になるとすぐに医療機関へ駆け込む方も、虫歯くらいではと考えているケースが多くあります。しかし虫歯はとても厄介且つとても怖い症状なのです。
そもそも虫歯はミュータンス菌と言う細菌でミュータンス菌が歯に付着すると酸によって歯が溶けてしまいます。エナメル質と言って歯の白くツルツルしている部分が溶かされる事で、周りよりも虫歯の部分が白くなります。この状態は歯磨きをしっかりしていればミュータンス菌は、除去されます。
そこから更に歯が溶かされ黒っぽくなります。この時点でミュータンス菌は歯に根付いているのでセルフケアでは除去が難しいです。歯医者で樹脂の詰め物や機材を使って除去が必要です。
ミュータンス菌が更に歯を溶かすとエナメル質では無く象牙質と言う部分まで進行します。象牙質にミュータンス菌が達すると痛みが生じ初期の場合は冷たい物が沁み、より進行すると温かい物が沁みる様になります。ここは部分的な詰め物だけでは無く、歯全体の型取りをして大きな詰め物が必要になります。
象牙質から歯の神経にミュータンス菌が達すると何もしていなくても痛みが生じ、歯に深い穴が開いた様になります。症状にもよりますが神経を抜いたり、歯全体に詰め物が必要になったりします。
神経が死んでしまい、歯が完全に溶けてしまうと痛みが無くなり歯の根元に膿が溜まります。この膿が炎症を起こすと鈍い痛みになり、重度になると骨にも炎症が起きます。ここまで進行すると抜歯が必要です。

診察前にチェックしたいポイント

歯医者の雰囲気や患者に対する対応など、診察前にチェックするポイントを紹介しています。 歯科医師をチェックするのが難しい場合は、歯科衛生士や助手を確認すると分かりますし、歯医者が怖い・苦手だと思っているからこそ慎重にチェックをしていきましょう。

診察中にチェックしたいポイント

いざ診察を受ける時、恐怖心でチェックどころでは無いかも知れません。しかし診察中こそ、歯医者の良し悪しが出るポイントなので少しずつで構わないので確認してみて下さい。 仮にNG歯医者だと分かった場合は、無理に通うのでは無く別の歯医者に乗り換えても問題はありません。