もう怖くない!歯医者さんが苦手な方に知ってほしい歯科医院の選び方

本当は怖い虫歯について

患者の話をしっかり聞いていますか?

歯医者へ行った際に、初めての場合は歯科医師や助手がカウンセリングをしてくれる所が多いです。カウンセリングをするのは丁寧でとても良いですが、肝心の中身がしっかりしていないと意味がありません。
例えばこちらの話を聞き入れてくれず、歯科医師が勝手に治療計画をする。これは良くない歯医者の特徴です。他にもこちらの話を面倒な様子で聞いたり、治療方針やプランをしっかりと話してくれなかったりする所は危険です。
インフォームドコンセントを徹底している歯医者は、こちらの納得の行くまで何度でも説明をしてくれるので初診時はまず対応をメインにチェックしていくと、トラブルを回避出来ます。もちろん歯科衛生士やスタッフの対応にも注意して下さい。

すぐに抜くのは良くない

治療計画を説明してくれるのは良いけれど、とにかく抜歯や神経を抜く事を勧めてくる歯医者は、お世辞にも良いとは言えません。
特に永久歯は一度抜くと元通りにはなりません。インプラントを埋め込む方法もありますが、保険適用されないケースがほとんどなので金銭的な負担が大きくなります。
抜歯や神経を抜く処置を勧められた場合、出来れば自分の歯を大切にしたいと伝えてみましょう。一度抜くと元に戻らないので自分の歯を大切にしてほしいと考える歯医者は多いですし、仮にこれらの処置が必要な状態まで虫歯が進行しているのならその旨を説明してくれます。
また「簡単・手軽」な治療を過剰にアピールしてくれる歯医者も、技術力の面で見ると不安が残ります。


この記事をシェアする